楽天市場商品登録代行 | 楽天・ヤフー・amazonの商品登録・CSV登録はお任せ下さい。

商品登録ドットコム-商品登録ならリクサポートにお任せ下さい-

楽天市場 商品登録代行サービス楽天市場 商品登録代行サービス

 

楽天市場 商品登録代行サービス


基本商品登録では、下記の項目が通常商品登録となります。商品登録ドットコムで一番多い商品登録代行がこのサービスとなります。カタログやメーカーサイトなどの元情報を元に、商品登録を行います。その場合ですが、最初に何をどの項目に入れてほしいかをヒアリングをさせて頂き、各項目に入れます。元情報によりばらつきがある場合が多いので、長年の経験値を元に柔軟な商品登録を実施していきます。

ご準備頂くもの


店舗様にて準備頂く物は基本的には2点のみです。

1.商品情報
2.商品画像

 





サービス種類

 

1.

新規の楽天市場商品登録代行


2.

自社サイトやメーカーサイトからの商品登録移行の代行


3.

他モールからの商品登録移行の代行


4.

複数店舗出店、卸サイトからの楽天市場CSV提供などがある場合の商品登録代行



 

オプションサービス

 

0.

画像加工処理・その他指示内容の加工
(白抜き加工、商品名入れ、ロゴ入れ、カラバリアイコン入れ等)


1.

楽天市場閉店の為、商品画像内の取得
(PC用商品説明文、PC用販売説明文、スマホ説明文、カテゴリー上説明文等の取得)


2.

楽天市場のCSVを使った、自社サイトへのカタログサイト展開


3.

商品撮影サービス


4.

楽天市場の運営代行サービス




 

 

楽天市場への具体的な登録項目内容楽天市場への具体的な登録項目内容


店舗様に頂いた情報を元に、楽天市場への登録を行います。下記が具体的な登録先情報となります。 基本的には頂いた情報を元に、登録を行っていきますので、ライティングやリライトなどの作業は含まれません。もし事前に、商品名の記名ルールや元情報以外に入れたい情報・項目がある場合は、エクセル・CSVファイル等で、ご指示頂ければ対応可能です。

rakuten_touroku 楽天登録代行


■元情報データ一覧

・パンフレット、紙で印刷された情報等
・カタログ・WEBカタログ・PDFカタログ・電子カタログ
・移行元サイト(楽天、ヤフー、自社サイト)・メーカー卸サイト
・エクエル等のデータ
・メーカー等からもらったCSV
・卸サイトからのCSV等

■楽天市場の各項目の登録先一覧

<商品情報>
商品管理番号(商品URL)  <半角32文字以内>
商品番号  <16文字(半角32文字)以内>
商品名【必須】  <127文字(半角255文字)以内>
販売価格【必須】  <半角数字9文字以内>
消費税
個別送料
在庫数
PC用商品説明文  <5120文字(半角10240文字)以内>
スマートフォン用商品説明文  <512文字(半角1024文字)以内>
※商品ページ、画像を記載する際のURLは、絶対パス
(http://www.rakuten.co.jp/URL/******)でご記入ください。
※スマートフォン用商品説明文で利用できる画像は10枚までです。
また、画像の容量が大きすぎるとページの表示に時間がかかる場合がありますので、
画像1枚につき200KB程度を推奨いたします。
PC用販売説明文   <5120文字(半角10240文字)以内>

<画像>
商品画像(1)~商品画像(20)

<カテゴリー情報>
全商品ディレクトリID 【必須】、表示先カテゴリ

<項目選択肢在庫用>
横軸項目名  <16文字(半角32文字)以内>
縦軸項目名 <16文字(半角32文字)以内>
項目選択肢別在庫用 残り表示閾値




楽天市場商品登録についてのヒント楽天市場商品登録についてのヒント



rakuten_touroku_img.png

多くの楽天市場商品登録の場合、最初から多くの情報を入れようとして大変になって途中で断念或いは、商品登録が結果進まないといった場合を多く見てきました。商品登録は、ネット事業者のみならず、ホームページ作成業者でさえ、大変な仕事だと認識している作業の一つです。

単調でつまらない
間違えると問題になりやすい
打起しなどでのミスや誤字などが発生しやすい
寸法間違えなどが起こりやすい
パンフレットやカタログからの転記でカラーが違っていた

など様々な問題が発生する要素を秘めています。

では、どのようにすれば単調で大変な商品登録を行えばよいのか・・・勿論我々商品登録事業者へご依頼頂くのが正解ですが、それでもコストや時間の問題、スピードの問題など、ミスマッチを起こす場合もまま あります。そういった時に、商品登録ドットコムでは、下記のようなご提案をさせて頂いております。

1)商品登録ドットコムへ商品登録を依頼する (情報元にある物だけを登録する)

簡易登録とは、パンフレットやメーカーサイトなどで取得できる表の情報を取得させて
登録を行います。そうした場合の殆どが難しい指示や段取り(依頼する前の前準備)
を極小にした上で依頼ができます。また、情報元にある物をすべて、登録する流れを
作ります。

追加料金無しでやれる作業のヒント
その場合、固定値なら(例えば一定箇所に文言を入れてほしい、バナーを入れてほしい、
おススメのiframeを入れてほしい等)依頼頂ける物は別途料金を頂く事なく登録致します。

2)1)で行った商品登録代行以外のものを自社スタッフで行う。

楽天では検索流入は非常に大切な売上の入り口となりますので、
・商品名の改善(楽天SEO)
・キャッチコピーの追加記載、重要検索ワードの追加
・商品説明文内の検索ワードの追加
・タグIDの追加
・JANコードが設定されてない場合は、追加。
(価格コムや価格ナビへの掲載、アフィリエーターへのAPI提供などにも影響します)
・画像のサムネイル(ALTはgoogle等の画像検索での対象要素となりえます)


実は、商品登録という行為だけで、その後の店舗様の売上を大きく左右する重要な
作業がてんこ盛りであるのです。これらを商品登録ドットコムへチューニングとして
依頼されても良いのですが、やはり商品のプロフェッショナルである店舗様がチューナー
として実施されるほうが、やはり良いですし、売上に直結する作業ですので、店長やスタッフ
などで分業して実施する形が良いかと思います。

3)メリット

すでにある情報を依頼するのは > それほど労力がかからない

2)の情報を盛り込んだ状態で依頼すると < 準備だけで大変になってしまう

売りたい物だけ先に出品して出してしまっている ≒ 売りたい物が売れるものとは限らない・・・

小手先運営に終始してしまう  本当はもっと売上が上がっているかもしれない/機会ロス


1)ですでにある情報のみを「商品登録ドットコムへ」依頼して、まずは出品状態にする
その後、あまり期間を置くことなく、2)のチューニングを行っていく。
本当は楽天市場に登録した数週間は新規商品登録のメリット(楽天検索スコアの上昇)があるので
検索順位が優位に働きます。なので、倉庫状態でチューニングしたあとに、公開するという
のも1つの手ですが、あとは店舗様の戦略に基づいて、販売開始を見定めて頂ければと思います。

 

otoiawase-ban.jpg

▲このページのトップへ戻る

リクサポート株式会社
〒369-1241 埼玉県深谷市武蔵野2084 
TEL/FAX:050-1104-2705  MAIL:item@rikusupport.co.jp

Copyright © 2012-2017 商品登録ドットコム. All right reserved.