TEL:050-1104-2705。お気軽にお電話ください。

ヤフーショッピング商品登録代行

Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)商品登録代行サービス

❚ ヤフーショッピング 商品登録代行サービス
基本商品登録では、下記の項目が通常商品登録となります。商品登録ドットコムで、2番目に多い商品登録代行がこのサービスとなります。カタログやメーカーサイトなどの情報を元に、ヤフーショッピングへの商品登録を行います。その場合ですが、最初に何をどの項目に入れてほしいかをヒアリングをさせて頂き、各項目に入れます。元情報によりばらつきがある場合が多いので、長年の経験値を元に柔軟な商品登録を実施していきます。 その他モールへの同時登録も可能となりますので、ヤフーショッピングへの商品登録代行以外にご要望があれば合わせてご相談下さい。

❚準備頂くもの
店舗様にて準備頂く物は基本的には2点のみです。
商品情報、商品画像

❚サービス種類
1)新規のヤフーショッピング商品登録代行
2)自社サイトやメーカーサイトからの商品登録移行の代行
3)他モールからの商品登録移行の代行
4)複数店舗出店、卸サイトからの楽天市場CSV提供などがある場合の商品登録代行

❚オプションサービス
1)画像加工処理 (白抜き加工、商品名入れ、ロゴ入れ、カラバリアイコン入れ等)
その他指示内容の加工  2)ヤフーショッピング閉店の為、商品画像内の取得
(商品説明文内画像取得、TOPや追加ページで作成のページ、カテゴリーページ等
トリプルのFTPなどから取得できない場所の取得代行を行います。)
3)ヤフーショッピングのCSVを使った、自社サイトへのカタログサイト展開
4)商品撮影サービス
5)楽天市場の運営代行サービス
6)在庫連動システムとの連携をさせたい、商品管理番号同期
(商品コード:code、 個別コード:sub-code、選択肢の枝番同期等)

ヤフーショッピングへの具体的な登録項目内容

店舗様に頂いた情報を元に、ヤフーショッピングへの商品登録を行います。下記が具体的な登録先情報となります。 基本的には頂いた情報を元に、登録を行っていきますので、ライティングやリライトなどの作業は含まれません。もし事前に、ヤフーショッピングの商品名の記名ルールや元情報以外に入れたい情報・項目がある場合は、エクセル・CSVファイル等で、ご指示頂ければ対応可能です。

■元情報
パンフレット、紙で印刷された情報等
カタログ・WEBカタログ・PDFカタログ・電子カタログ
移行元サイト(楽天、自社サイト)・メーカー卸サイト
エクエル等のデータ
メーカー等からもらったCSV・卸サイトからのCSV等

■ヤフーショッピングの各項目の登録先一覧
<商品情報>
パス(paht)【必須】
カテゴリ名:  <全角20文字以内(半角40文字)>
カテゴリ階層:8階層以内
カテゴリ間は半角コロン(:)区切り
商品名(name)  【必須】  <全角75文字以内(半角150文字)>
商品コード(code) 【必須】  <半角英数字、ハイフンのみ。99文字以内>
個別商品コード(sub-code)【必須】<1つのコードが半角99文字以内>
存在するオプションのみ、最大100まで
通常販売価格(price)【必須】半角数字のみ。
ストア設定で「税込」を選択している場合8文字以内
オプション(options)オプション項目、オプション値は各全角28文字(半角56文字)以内
オプション項目は最大20※オプション項目合計では全角1000文字(半角2000文字)
オプション値は最大100
キャッチコピー(headline) 全角30文字(半角60文字)以内、HTML不可
商品説明(caption)全角5,000文字(半角10,000文字)以内、HTML可
ひと言コメント(abstract)全角500文字(半角1,000文字)以内、HTML可
商品情報(explanation)全角500文字(半角1,000文字)以内、HTML不可
フリースペース(additional1 additional2 additional3)それぞれ 全角5,000文字(半角10,000文字)以内、HTML可
製品コード(product-code)半角英数字と記号( +-*/()&:~~.@!#?_ )のみ。50文字以内
JANコードまたはISBNコードを入力 (jan)半角数字のみ。13文字以内
送料無料の設定(delivery)半角数字のみ。0、1、3のいずれかを入力。
なし(送料がかかる場合):0、無料:1、条件付送料無料:3を入力
空欄の場合は「なし」※「送料込み:2」は「無料:1」に変換されます。
当日配達「きょうつく」翌日配達「あすつく」の設定(astk-code)
非対応:0 あすつく対応:1
きょうつく対応:2を入力 空欄の場合は「非対応」
商品の状態の設定(condition)
半角数字のみ。0、1のいずれかを入力。新品:0、中古:1を入力空欄の場合は「新品」
商品カテゴリを入力(product-category)半角数字のみ。10文字以内  スマートフォン用商品の補足説明を入力。
全角5,000文字以内(半角10,000文字以内)、HTML可
総容量オーバーのエラーが出た場合は、ストアエディタの
ページ編集>商品ページ編集>スマートフォン用情報に入力、
保存ボタンを押下して現在の容量をご確認ください。

<画像>  商品画像 (商品コード.拡張子)
1枚 2MBまで 縦1,200ピクセル、横1,200ピクセル以内 
GIFもしくはJPEG形式のみ拡張子は.gif/.jpg/.jpe/.jpegのみ
商品詳細画像 (商品コード_1~20までの数字.拡張子)
20枚まで 2MB/枚 まで
GIFもしくはJPEG形式のみ拡張子は.gif/.jpg/.jpe/.jpegのみ
追加画像( 半角英数字、ハイフン( – )、アンダーバー( _ )、ピリオド( . )のみ使用可)
500KB以下 縦1250ピクセル、横1250ピクセル以内
GIF、JPEG、PNG形式のみ 拡張子は.gif/.jpg/.jpe/.jpeg /.pngのみ
※制限サイズを超える画像をアップロードした場合、長辺が制限サイズ内に収まるよう自動的に
サイズ調整されます。スマホなどの画像で使う場合に注意が必要。
<スマホの画像も同様>
 縦幅1250pix以上で楽天市場等でスマホ対応画像として作成している場合は、画像分割を行う必要があります、もしそのままアップする場合はヤフーショッピング側の自動リサイズが実施されて、実際のスマホ画面では字や画像がつぶれてユーザビリティの低下の恐れがあります。
<カテゴリー情報>
パス(paht)【必須】
カテゴリ名:  <全角20文字以内(半角40文字)>
カテゴリ階層:8階層以内
カテゴリ間は半角コロン(:)区切り
商品カテゴリを入力(product-category)半角数字のみ。10文字以内

<項目選択肢在庫用>
個別商品コード(sub-code)【必須】<1つのコードが半角99文字以内>
存在するオプションのみ、最大100まで
在庫数(quantity)半角数字のみ、9桁まで

ヤフーショッピング商品登録についてのヒント

ヤフーショッピングの商品登録では、楽天同様ですが検索対象ポイントをしっかり押さえておく必要があります。最近どこのモールでも、モール内のスコアが徐々に厳格化されてきつつあります。各項目をスルーすることなく、しっかり登録する事が必要です。勿論最初からすべての登録をしようとしても大変ですし、全部ひとりやろうとなんかすれば、いくら時間があっても足りません。

■ヤフーショッピングの検索項目を必ず確認しておこう!

・商品名  name
・商品コード code
・キャッチコピー headline
・商品情報 explanation
・製品コード product-code
・JANコード/ISBNコードjan
・ブランドコード

意外にしらない人多いです。よく見ると、商品情報は勿論入っていて当然ですが、なんと・・商品説明やフリースペースは検索対象外(勿論まったくかからないという事ではない、googleなども意識するならやはりテキストも必要)となっているのです。楽天でPC用販売説明文などに検索ワードが入っている、重要ワードのテキスト敷き詰められていて、楽天からヤフーショッピングへの商品登録代行移行を行う場合などは、この辺りの検索対象ワードの違いを把握しているのか、今一度確認や各モールの検索対象項目や検索スコアを意識した作りに(検索ワードが入っているかなど)の作りを見直す必要があります。

1)商品登録ドットコムへ 商品登録代行(情報元にある物だけを登録する)を依頼する。

簡易登録とは、パンフレットやメーカーサイトなどで取得できる表の情報を取得させて登録を行います。そうした場合の殆どが難しい指示や段取り(依頼する前の前準備)を極小にした上で依頼ができます。また、情報元にある物をすべて、登録する流れを作ります。

追加料金無しでやれる作業のヒント
その場合、固定値なら(例えば一定箇所に文言を入れてほしい、バナーを入れてほしい、おススメのiframeを入れてほしい、iframe内のHTML移設は別、等)依頼頂ける物は別途料金を頂く事なく登録致します。

商品名の作成方法について
ブランド名(ローマ字)+ブランド名ひらがな+型番+・・・・
などと、すでに頂くデータ或いは、パンフレット等に掲載されている情報であれば
    組み合わせを事前にご連絡頂ければ対応が可能です。

2)1)で行った商品登録代行以外のものを自社スタッフで行う。

ヤフーショッピングでは検索流入は非常に大切な売上の入り口となりますので、
・商品名の改善(ヤフーショッピングSEO対策)
・キャッチコピー headline/商品情報 explanation
の追加記載、重要検索ワードを検索対象エリアへ追加する。
・ブランドコード、スペックを商品個別に任意で追加
・JANコードが設定されてない場合は、追加。
(価格コムへの掲載、アフィリエーターへのAPI提供などにも影響します)
・商品説明内の画像のサムネイル(ALTはgoogle等の画像検索での対象要素となりえます)

実は、商品登録という行為だけで、その後の店舗様の売上を大きく左右する重要な
作業がてんこ盛りであるのです。これらを商品登録ドットコムへチューニングとして
依頼されても良いのですが、やはり商品のプロフェッショナルである店舗様がチューナー
として実施されるほうが、やはり良いですし、売上に直結する作業ですので、店長やスタッフ
などで分業して実施する形が良いかと思います。

3)メリット

ヤフーショッピングでは、Yahoo!japanからの検索流入がある事もしっかり意識する必要があります。例えば、「馬刺し 通販」などと検索すると、ヤフーショッピングのショッピングサイトのサムネイルが検索結果に露出します。基本的には検索結果は、テキストのみとなりますので自然とサムネイル画像や商品内容へは意識が行きますし、現在ヤフーショッピングを運営されているなら、現在の検索流入がどのようになっているか確認して、対策を取っておくと良いです。但し、ここへの露出をはかろうと思うと、1ページ目且つ、5位以内程度の順位まで持ち上げる必要がありますので、それなりの対策が必要です。

また、商品登録時に細かい検索対策を行たている事で、ヤフーショッピング内の検索スコアの上昇を行う事ができ、検索順位の改善につながります。またヤフーショッピングユーザーは楽天市場より、ショッピングになれてない(相対的に)ヤフーの検索ユーザーやソフトバンクユーザー(Y!mobilユーザー)が多く存在します。そういったお客様は複雑な検索を行わないので、できるだけ重要となる商品で検索上位を目指すのが売上に直結する事は明確です。

ページ上部へ戻る