TEL:050-1746-5247。お気軽にお電話ください。

ネットショップのお中元対策 傾向と対策とは 2022年7月版

一年間のなかでもお中元シーズンは大きなギフト需要の山となるタイミングのひとつです。お中元の贈答を行うのは比較的高い年代の方が中心ですが、ここ数年はネットで手配する人も増えており、ネットショップにとっては見逃せないチャンスとなっています。2022年のお中元の傾向と対策についてまとめてみました。

お中元とは

お中元は、日頃お世話になっている人に感謝を伝えるために夏に贈る贈り物を指します。元々は中国道教の三元と呼ばれる行事に由来すると言われ、旧暦の7月15日に行われていましたが、現代では新暦の7月〜8月に行われることが多くなっています。

お中元を送る時期は地域によって異なり、一般的に北海道では7月中旬から8月15日まで、東北・関東では7月初旬〜7月15日まで、東海・関西・中国・四国では7月中旬〜8月15日まで、九州では8月1日から8月15日まで、沖縄では旧暦7月15日までに贈ることが多いようです。

お中元の時期を過ぎた場合、立秋(8月8日)の前までは暑中見舞い、立秋以降は残暑見舞いとして贈るのもひとつの方法です。

年代が上がるほどお中元を送る人は多い

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000233.000015685.html

Cake.jpが2021年に行った調査によると、「お中元・夏ギフトを贈る予定はありますか?」という質問に「はい」と答えた人は年代が高くなるほど多くなっています。

20代では「はい」が38.0%に対し「いいえ」が62.0%と贈らない人が多数派ですが、40代では「はい」が51.3%「いいえ」が48.7%と拮抗し、60代では「はい」が69.5%に対し「いいえ」が30.5%と贈る人が多数派になっていて、70代では「はい」が91.7%と圧倒的多数になっています。

予算は3,000円〜5,000円

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000233.000015685.html

お中元・夏ギフトの予算を見てみると、「3.001〜5,000円」が61.0%と過半数を締めています。一般的にお中元の予算として言われるのも3,000円〜5,000円とされており、この価格帯が最も需要が高いといえます。

上司や目上の方には5,000円をやや上回る価格帯のものを贈るケースもあるようですが、あまり高額すぎるものも逆に失礼になるという考え方もあり、上限は10,000円程度となる場合が多いです。

ネットショップでお中元を展開する場合、5,000円前後の価格帯を中心にラインナップするとお客様のニーズに応えられそうです。

お中元に関する悩み

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000233.000015685.html

ギフト選びの悩みとして「いいものを贈ろうとすると価格が高い」「毎回同じようなものばかりを贈ってしまう」「品質や味がよくわからない」といった回答が上位になっています。

せっかく贈るのであれば喜んでもらいたいというのは多くの人に共通する思いなので、その商品がいかに良いものであるか・喜ばれるかという点をアピールしていくとよいでしょう。具体的には、前年度のショップ内人気ランキングであったり、高評価の口コミを紹介するなどの方法があります。

いつも同じようなものばかりになってしまうので、ちょっと変わったもの・目新しいものを贈りたいというニーズも大切にしたいところです。一般的にはあまりギフトのイメージのない商品や定番品とはちょっと違う変化球的な商品も、アピールの仕方次第ではチャンスがあります。

ぜひ実施したいネットショップのお中元対策

検索キーワード

最も手軽にできるお中元対策のひとつに、検索キーワードがあります。商品名や商品説明文にお中元ギフトを探しているお客様が使うであろうキーワードを盛り込みましょう。

楽天やヤフーショッピングの検索窓に「お中元」というキーワードを入力すると、「お中元」とその他のワードの組み合わせがサジェストされます。

ビールやスイーツ・ハムなどの具体的な商品ジャンルを表す言葉が多くなっていますが、今年の西暦年を表す「2022」という数字やお得感のある「早割」「送料無料」などのキーワードも目立ちます。

こうしたワードの背景には、今年の最新のお中元ギフト商品を贈りたい・お得に贈れるギフトを探しているといったニーズが感じられます。ビールなどのギフト定番ジャンル以外の商品でも、こうしたキーワードで見つけてもらえればチャンスが広がりそうです。

お中元SEOキーワード

キーワード調査内容としては、楽天市場・ヤフーショッピングのサジェストといわいる有名ギフト屋さんで使っているキーワードチョイスを調査してミックスしました。

「お中元 × 「お中元キーワード」 いらないワードだけ削って使ってみてください。

<速攻使えるキーワード>
送料無料 送料 無料 あす楽 あすらく 早割 割引 2022 ポイント 10倍 おしゃれ かわいい 高級 夏 ギフト 夏ギフト 法人ご年配 3000円 2000 円 1500円 1万円 20000円 健康 おすすめ 喜ばれる

<食品系ギフトワード>
くだもの 果物 ギフト 食べ物 低糖質 無添加 冷凍食品 グルメ ギフト ご飯のお供 常温 デザート

一般ワードではお得な「早割」「ポイント」「割引」「送料無料」などがギフトの定番で入りますね、これは 母の日 父の日 敬老の日 お歳暮 でも同様の事が言えます。また、贈る商品の価格や相手をイメージしたワード「法人」「ご年配」「健康」「おすすめ」「喜ばれる」などはギフトの定番ワードとなりますね。

メルマガ・LINE

メルマガやLINEメッセージの配信も効果的です。

メルマガはかつてに比べると開封率が下がってきてはいますが、文字数や画像数などの制約が少なく制作の自由度が高いのが魅力です。ただ、どれだけ内容の充実したメルマガであっても開封されないことには意味がないので、思わず開封したくなるような件名を付けることが非常に重要です。

メルマガ件名は、なるべく前のほうに重要なワード、例えば「お中元」「クーポン」「早割」等を盛り込むこと、重要なワードを【】や\/などで囲んで目立たせることがポイントとなります。ただ、以前と比べると★や!などを多用した押しの強い件名は減っているようです。スパムメールのような印象にならないよう、程よいバランスで作成しましょう。

LINEはメルマガに代わる存在として最近急激に伸びてきています。メルマガと比べて開封率が高いいっぽう、長文はあまり好まれない傾向があるため、送信内容はポイントを押さえて簡潔に作成しましょう。基本的には、多くの内容を伝えるというよりも、ネットショップへの誘導手段として考えるのがおすすめです。

お客様に刺さるアプローチ

商品そのものの素晴らしさを伝えることはもちろんですが、お中元というギフトの特性を考えると「先方に喜ばれる」という点でのアプローチも重要です。お中元の贈答が比較的高い年代を中心に行われていることを考えると、例えば食品であれば「柔らかくて食べやすい」「健康を気遣う方におすすめ」といった内容が刺さる可能性は高いのではないでしょうか。夫婦のみや単身の世帯では、「小分けになっていて使いやすい」「日持ちする」等の特徴も喜ばれそうです。

また、ギフトの場合は配送先の指定・のしなど入力項目が通常より多くなりがちです。配送日時を気にされる方も多いため、そういった点の説明も分かりやすく表示することが大切です。

ネットショップのお中元対策 傾向と対策とは 2022年7月版 まとめ

お中元はネットショップにとってギフト需要が高まる重要なポイントのひとつです。お中元の贈答は年代が高くなるほど盛んに行われているため、健康面や食べやすさ等で年配の方へ最適であることをアピールすると効果的です。予算的には5,000円前後が多いので、この価格帯を中心にラインナップするとよいでしょう。検索キーワードやメルマガのほか、最近はLINEメッセージによるアプローチも成果に繋がりやすくなっています。

お問い合わせはこちら
tel:050-1746-5247

関連記事

商品登録のお見積もり大公開中 商品登録事例 EC関連用語ディクショナリー 特集記事一覧 Eストアー ショップサーブ ビジネスパートナー正規代理店
ページ上部へ戻る