TEL:050-1104-2705。お気軽にお電話ください。

実施事例 case – 15 楽天市場からヤフーショッピングへの商品登録代行

店名 株式会社フジジュウ 様
作業内容 楽天市場 → ヤフーショッピング
1800点商品登録
– 5点満点の評価 –
① 登録の品質 ★★★★★ 5点
② 価格の満足度 ★★★★★ 5点
③ 登録の満足度 ★★★★★ 5点
④ 率直なご感想 迅速に対応して頂きありがとうございました。
修正や追加の注文も素早く対応していただき
助かりました。
⑤ 今後やってもらいたいサービス・システム 今のところありませんが、またなにかりましたら
よろしくお願いします。

商品登録ドットコムよりコメント

今回は商品登録代行サービスをご利用いただきありがとうございます。楽天からヤフーショッピング移行を商品点数1800点にて実施いたしました。

<画像移行>
楽天市場側の商品画像、PC用商品説明文、PC用販売説明文の画像はすべて取得し移設致しました。楽天の販売説明文画像がそこそこ容量がありましたので、枚数的には5千枚を超える物となりました。機械的に移行と目視チェックも行います。

<自社カテゴリー、ヤフープロダクトカテゴリー移行>
店舗内カテゴリーは、ヤフーの店舗内のカテゴリー(商品ページストアー内カテゴリーパス)そのままの形で、移行を実施。
ヤフープロダクトカテゴリーも、楽天→ヤフーショッピングの紐づけを実施しました。

<商品ページ内HTMLタグ、CSS等>
自動変換系では最も難易度が高い部分となります。数量が少ない場合は、ページ毎に手作業で修正するのが一番早いのですが、数量が1000をオーバーするような場面では、どうしても機械に頼りたくなるのが心情ですし、簡単に済ませたいという気持ちにかられます。この部分は面倒でもしっかりやっておかないと、画像崩れや見栄えさらには、ユーザービリティ低下につながりかねません。楽天側で記述されているCSSや幅や位置指定などがされている場合において、CSSをHTML記述に書き換える必要が出てきます。ある程度機械変換をかましながら、何度か微調整をかけながらプログラムにながし修正を行いました。

<商品ページ内リンク、画像処理、その他変換>
商品ページ内は、商品ページへのリンクはヤフーへ移転時も、プログラムにて変換をかけてありますので、楽天内での商品ページ間でリンクがつながっていた部分はすべてつなぎ直しを行いました。
また、ご要望がありました固定バナー除去や、ルール付けされた移設は指定通り実施し、楽天ランキングやあす楽などの楽天固有のコンテンツもありましたので、同時に実施しました。ユニークで調査&精査が必要な場合は別途ご相談頂きますが、それ以外、機械的なルールに基づく作業については料金内えやらせて頂く場合がおおいので、固定バナー設置、iframe設置、この言葉やカテゴリーについてはこのルールで登録してほしいなど、商品登録代行時のルールがある場合は1度はご相談下さい。

関連記事

商品登録のお見積もり大公開中 商品登録事例 Eストアーショップサーブ ビジネスパートナー正規代理店

最近の投稿: 商品登録ドットコム

ヤフーショッピングの商品登録について基礎編 2019年8月版

ヤフーショッピングの商品登録について基礎編 2019年8月版 ヤフーショッピングの商品登録の隅々まで本当に正しく登録されてますか?定期的な見直しとチューニングが必要なのが商品登録です。

STORE’s R∞を使ってコンバージョン上昇を狙う!基礎設定編

STORE’s R∞を使ってコンバージョン上昇を狙う!基礎設定編 Yahoo!ショッピングで大きな成果を上げるためには、顧客情報の分析が必須です。クーポン発行などのキャンペーンは、分析結果に基づいてより効果的な形で実施したいものです。そのためにぜひ活用したいのがSTORE’s R∞(ストアーズ・アールエイト)です。購入者に関するさまざまな情報を表示・分析するほか、各種キャンペーンの管理を行うことができるツールです。

ネットショップで使うその画像著作権法に違反してるかも!?

ネットショップで使うその画像著作権法に違反してるかも!? ネットショップを彩り、説得力を持たせる手段として画像の掲載は欠かせないものの一つ。自分の使いたいイメージにぴ […]

意外と知らない懸賞運用の罠

意外と知らない懸賞運用の罠ページコンテンツ1 ECコマース(ネットショップ)と景品表示法~広告規制1.1 (1)一般懸賞1.2 (2)共 […]

ネットショップ運営で知らなければならない景品表示法~広告規制について

ネットショップ運営で知らなければならない景品表示法~広告規制について 景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法 )とは、商品やサービスの価格や内容などについて事実とは異なる表示を […]
ページ上部へ戻る