TEL:050-1104-2705。お気軽にお電話ください。

実施事例 case – 10 楽天市場からQoo10への商品登録代行

店名
有限会社 ジェービークラブネット 様
作業内容 楽天市場 → Qoo10
2586点商品登録
– 5点満点の評価 –
① 登録の品質 ★★★★★ 5点
② 価格の満足度 ★★★★★ 5点
③ 登録の満足度 ★★★★★ 5点
④ 率直なご感想 依頼どおりの登録内容となりましたので満足しています。弊社の要望に関しても丁寧に対応していただけましたので非常にありがたかったです。納期も特に問題はありませんでした。
⑤ 今後やってもらいたいサービス・システム モール間のスマートフォントップページの移管作業をお願いしたいです。

商品登録ドットコムよりコメント

<TOPページ移行について>

今回は商品登録代行サービスをご利用いただきありがとうございます。楽天からQoo10移行を商品点数2586点にて実施いたしました。
点数が多いのでQoo10のCSV機能を利用してUPを行いました、但しQoo10側の有料サービスを利用する必要がありますので、
制限を超える点数については、Qoo10のポイントを使ってUPを行う形となります。

<楽天市場より項目選択肢・オプション設定の移設>
基本的には問題なく移設可能です。項目選択肢は、(選択肢項目、選択肢名、在庫数、選択肢枝番コード)を移設し、
在庫連動を行う場合でも対応できるように設定済みです。

<商品ページ内HTMLタグ、CSS等>
商品ページ内にて楽天からQoo10へ移行する際にQoo10では使えないタグがある場合は除去をあるいは、Qoo10側で直接CSSを書くか利用できない場合は、HTMLにて書き直すなどの手作業を実施しました、移行点数が多くそもそもクライアント様が、自らQoo10の機能を使って楽天CSVを取り込んだところうまくいかず商品数が膨大であったために、これらの作業を弊社にて商品登録代行しました。

<まとめ>
Qoo10においては、商品数がすくなく、ページについて複雑な構成を行っていなければQoo10側の取り込機能で事が足りてしまう場合が多いですが、今回の作業のように、ページが膨大で且つ、HTMLやCSSにて商品ページ内をしっかり見せたい場合などでは社内で行うことで、人件費が膨らみ、本欄の作業ができないなどの弊害がでる場合が多いです、工数が多く時間がかかる作業においては一度ご相談頂くと良いかもしれません。今回作業を行って気付いたことは、楽天でもブランド許可が必要な商品やブランドがありますが、Qoo10でも特に所謂ブランド品についての制限があります。ブランド制限ではAmazonでも同様にあるので、メイン商材のブランドが商品登録・出店する際にひかかっていないかなどのチェックも必要です。

別件となりますが、Qoo10が調子がよく別モールへ移行したいなどの要望もたまり頂きます、移行や移設、新規商品登録については随時ご相談お受けしております。

関連記事

商品登録のお見積もり大公開中 商品登録事例 Eストアーショップサーブ ビジネスパートナー正規代理店

最近の投稿: 商品登録ドットコム

ヤフーショッピングの商品登録について基礎編 2019年8月版

ヤフーショッピングの商品登録について基礎編 2019年8月版 ヤフーショッピングの商品登録の隅々まで本当に正しく登録されてますか?定期的な見直しとチューニングが必要なのが商品登録です。

STORE’s R∞を使ってコンバージョン上昇を狙う!基礎設定編

STORE’s R∞を使ってコンバージョン上昇を狙う!基礎設定編 Yahoo!ショッピングで大きな成果を上げるためには、顧客情報の分析が必須です。クーポン発行などのキャンペーンは、分析結果に基づいてより効果的な形で実施したいものです。そのためにぜひ活用したいのがSTORE’s R∞(ストアーズ・アールエイト)です。購入者に関するさまざまな情報を表示・分析するほか、各種キャンペーンの管理を行うことができるツールです。

ネットショップで使うその画像著作権法に違反してるかも!?

ネットショップで使うその画像著作権法に違反してるかも!? ネットショップを彩り、説得力を持たせる手段として画像の掲載は欠かせないものの一つ。自分の使いたいイメージにぴ […]

意外と知らない懸賞運用の罠

意外と知らない懸賞運用の罠ページコンテンツ1 ECコマース(ネットショップ)と景品表示法~広告規制1.1 (1)一般懸賞1.2 (2)共 […]

ネットショップ運営で知らなければならない景品表示法~広告規制について

ネットショップ運営で知らなければならない景品表示法~広告規制について 景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法 )とは、商品やサービスの価格や内容などについて事実とは異なる表示を […]
ページ上部へ戻る