TEL:050-1104-2705。お気軽にお電話ください。

アマゾン商品登録代行

amazon 商品登録代行サービス

 

Amazon(アマゾン)商品登録代行サービス

商品登録代行では、JANコードを元に登録を行います。明確な型式がある商品や、1対のJANコードなどでは沢山の手間をかける事なく登録する事が可能です。
また、JANが無い場合の登録、或いはアマゾンのカタログには商品があり紐づけが必要な場合、また、JANはあるがアマゾンのカタログに登録がされてない場合、更にはブランド申請や製品コード申請が必要な場合など商品や商品形態によっても登録パターンがいくつもあります。

ご準備頂くもの

店舗様にて準備頂く物。

<JANコードがある場合>

1.JANコード
2.販売価格

<JANコードはあるが、アマゾンカタログ内に複数商品が出ている場合>

1.JANコード
2.販売価格

<JANコードが無い場合/製品コード申請済み商品/ブランド申請済みの商品>

1.商品情報
2.商品画像

ご準備のヒント
・商品情報では、エクセル等で基本的なデータの作成をお願いします。元となるデータの作成が出来ない、又は任せたい場合でも対応可能です。
・楽天市場やヤフーショッピングなどの商品CSVがある場合は、その情報でも登録可能です。※JANコードが含まれている前提。
・画像については、1枚目背景は白バック(背景ホワイトバック)が基本となります。弊社で切抜き加工も可能です。

 

サービス種類

 

1.

新規のAmazon商品登録代行

 

2.

自社サイトやメーカーサイトからの商品登録移行の代行

 

3.

他モールからの商品登録移行の代行

 

4.

複数店舗出店、卸サイトからの楽天市場CSV提供などがある場合の商品登録代行

 

 

アマゾンオプションサービス

 

0.

画像加工処理・その他指示内容の加工
(1枚目の画像:白抜き加工、2枚目移行の画像加工:商品名入れ、ロゴ入れ、カラバリアイコン入れ等)

 

1.

Amazonの申請代行
(アマゾン製品コード免除申請、アマゾンブランド登録(商標登録が行われている商品))
※こちらのサービスは商品登録する場合とセットの時のみお受け出来るサービスです。

 

2.

JANコードの存在は認知しているが、JANコードが分からない場合
アマゾンのカタログ上からAsin調査と紐づけ出品を行うサービスです。特に2017年前半頃よりアマゾンの商品登録においてJANコード無しの新規商品登録においてはかなり厳しくなっております。今までJANコード無し理由での出品が可能だったショップでも、JANの紐づけやアマゾンカタログのAsinとの紐づけがほぼほぼ必須となりました。その為、JANはあるがわからない(特に特別仕様、カラバリ毎のJAN、仕様毎のJAN、品番ごとのJAN)、アマゾンには掲載がある・・・などにおいて、出品ができない店舗様がかなり増えております。その場合、Amazon商品登録代行サービス オプション において、アマゾンカタログ側のAsin調査を行い、紐づけ出品まで行うサービスです。

 

3.

Amazon商品撮影サービス
 アマゾンの商品画像は、現在1001pix以上が(2018年2月現在)ズーム画像の要件となり、推奨となっています。メインで販売したい商品や、特に販促したい商品については小さい画像や画質がよくない画像はおススメしません。
※但しJANコード出品の場合は、合わせて画像登録もできますが、反映されるか不明確ですので、おススメできません。JAN有でアマゾン側にカタログ登録がない商品や製品コード申請の商品がこれに該当します。

 

4.

Amazon定期商品登録サービス
 他モールにおいて、毎月登録はしているが、複数モールの登録がスムーズに行っていない。システムを使っているが、うまく連携ができない。そんな場合に1つもモールへ登録を頂くとあとは弊社側で期間内に、定期的に商品登録を(移行商品登録代行)を行うサービスがあります。

amazon商品登録 具体的な登録項目内容Amazonへの具体的な登録項目内容

店舗様に頂いた情報を元に、Amazon(アマゾン)基本情報としてはJANコード、販売価格のみとなります。それ以外の登録方法においては、他モールのCSVやカタログ等の参照データ・紙資料などをご連絡下さい。

amazon商品登録代行イメージ

■元情報データ一覧

・JANコードのエクエル等のデータ
・パンフレット、紙で印刷された情報等
・カタログ・WEBカタログ・PDFカタログ・電子カタログ
・移行元サイト(楽天、ヤフー、自社サイト)
・メーカー卸サイト
・メーカー等からもらったCSV
・卸サイトからのCSV等

■Amazon(アマゾン)の各項目の登録先一覧

<商品情報>
出品者SKU  <半角40文字以内>
販売価格【必須】  <半角数字9文字以内>
個別送料
在庫数
※製品コード免除申請及びブランド登録、アマゾンカタログに存在しない場合については別途データを頂く必要があります。
<画像>
メイン画像(1)背景白画像
サブ商品画像(1)~商品画像(8)
画像条件
・画像全体の85%を商品画像が占めている事
・最低500pix~最長10,000pix ズーム画像&推奨の大きさ1001pix
・JPEG推奨、その他TIFF、GIF 画像も可
1枚目に楽天等で使わてれているサムネイルをそのまま使っている店舗が散見しますが、このまま使っているといずれアマゾンから注意警告を受けて、検索結果に表示されなくなります。できるだけ早い段階での対応が必要です。
<カテゴリー情報>
JAN登録の場合は行わない、それ以外の登録時は、推奨ブラウズノードをアマゾン側カテゴリーからチョイスして登録を行います。
<項目選択肢在庫用>
JAN登録の場合は行わない、それ以外の登録時は、楽天のCSVやその他データを利用して、色やカラー等の登録を行います。
もしも画像の面でもそれぞれの画像を設定したい場合なども対応可能です。

Amazon商品登録についてのヒント

アマゾン 商品登録代行 商品登録画面

多くのアマゾン商品登録代行の場合、JANコードがある事である程度解決する場合が多いですし、店舗様で実施できるものであれば、そのようにしてもらった方がコストもかかりません。上記でも書かせてもらいましたが、JANコードがあって下記のような場合は一度ご相談下さい。
JANコードがわからない
アマゾンを自分で登録をしてみたがよくわからない
JANコードがあり紐づけ出品をしているがバリエーション(色や種類、価格違いなど)がある場合の紐づけ出品などがややこしい
JANコード無しの製品コード免除での登録を行っているが推奨ブラウズノード決めが大変
Amazonベンダー(アマゾンベンダーセントラル)やAmazonビジネスへの登録がややこしい
ジャンル毎のベンダーの必須項目が多すぎて大変
在庫連動のシステムで登録をSKUで紐づけての登録を行いたい(在庫連動システムになったSKUでの登録を行いたい)
など様々な大変事項、工数がいる、人手がかかる、めんどくさい
が存在します。特にアマゾンは日々改良を重ねていますので、それに対応した登録も必要となります。
システムだけでもきっちりいかず中途半端になっていませんか?またアマゾンは登録してからは勝手に
売れるという・・・
噂が広まっているようですが、はやり商品登録を行わないと売れませんし、JANコード以外の登録に
おいては尚更、商品名やキーワード、そしてセラー広告などのチューニングを行っていかないと売上を
伸ばしていく事はできません。アマゾンの商品登録代行を使ってスムーズに売上を伸ばしていくために
一度お声がけ下さい。

 

お問い合わせはこちら

 

最近の投稿: 商品登録ドットコム

ネットショップのSSL化対応はもう行いましたか?

ネットショップのSSL化対応はもう行いましたか?ネットショップの常時SSL化の概要を理解し対応策を練ってみてはいかがでしょうか? Google Chromeに […]

大量商品登録において最も陥りやすい罠

大量商品登録において最も陥りやすい罠大量商品登録において最も陥りやすい罠 大量登録される場合の殆どがパンフレットや資料、dataなどによる商品ペー […]

楽天市場で出店検討するときに知っておくべきメリットとデメリット

楽天市場で出店検討するときに知っておくべきメリットとデメリット楽天市場で出店検討するときに知っておくべきメリットとデメリット ネットショップの運営では、自分のお店の自社サイ […]
ページ上部へ戻る