TEL:050-1746-5247。お気軽にお電話ください。

カラーミーショップ フリープランvsレギュラープランを比べてみた

カラーミーショップはネットショップ作成サービスのひとつです。最近は初心者でも気軽に利用できるBASEやSTORESなどの無料サービスが人気を集めていますが、それらのサービスでは物足りないという場合には、リーズナブルで機能豊富かつデザインの自由度も高いカラーミーショップは有力な候補となるでしょう。

今回は、カラーミーショップでお店を開く際に迷いがちな料金プランについて解説します。

カラーミーショップとは

カラーミーショップはGMOペパボ株式会社が運営するサービスです。カラーミーショップ以外にも、レンタルサーバー「ロリポップ!」やハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」などが有名です。以前は個人・若年層向けの印象が強い会社でしたが、最近はビジネス用途としても安定した評価を集めています。

価格面でも比較的リーズナブルで、ネットショップに取り組みたいけれどコスト面が心配という方にとって非常に魅力的な選択肢といえます。

カラーミーショップの料金プラン

カラーミーショップの料金プランは「ラージ」「レギュラー」「フリー」の3つが用意されています。

引用:https://shop-pro.jp/pricing/

各プランは月額費用のほか、ディスク容量・1商品あたりの登録画像数・作成可能なフリーページのページ数が異なります。

上記のページではレギュラープランが「人気No.1」となっていますが、初めてカラーミーを利用する際はレギュラープランとフリープランのどちらにするべきか迷うケースが多いかも知れません。

フリープランとレギュラープランの違い

ディスク容量・画像数・フリーページ数

月額費用が0円のフリープランはネットショップ初心者にとって最もトライしやすいプランといえますが、ディスク容量200MB・登録画像数1商品につき4枚まで・フリーページ上限10ページという制約があるため、この制約内で問題がないか検討が必要です。

アパレルや雑貨・食品などの場合、商品画像4枚では足りないというケースが多いのではないでしょうか。例えば衣類であれば、正面からの写真、背面写真、襟元や袖口など細部の拡大写真、カラーバリエーション、モデル着用写真、コーディネート例など商品画像が多いほどイメージが伝わりやすくなります。

反対に、例えば書籍・DVDやOAサプライ品などのように商品画像の枚数はそれほど重要ではない商品ジャンルもあります。

フリーページは、通常の商品個別ページ・商品一覧ページ等とは別にオリジナルのデザインで作成できるページです。例えば、季節ごとに「母の日」「お中元」「クリスマスギフト」などの特集ページを作る、広告を出すのに合わせてLP(ランディングページ)を作成する、お店独自のよくある質問(FAQ)のページを作る、などの用途が考えられます。お店の運営が本格化すればするほどフリーページを活用するケースが多くなると考えられます。

商品ジャンルや店内の取り扱い点数によっても異なりますが、フリープランの場合は、ディスク容量等が足りなくなるなど状況に応じてレギュラープランに変更することも視野に入れておいたほうがよいでしょう。

カラーミーショップ

機能・サポート

また、機能面でもさまざまな違いがあります。例えば、フリープランでは商品情報・顧客情報のCSV一括登録、商品レビュー、クーポン発行といった機能が利用できません。また、サポートも電話や画面共有は利用できずメールサポートのみとなります。

特にCSV機能は実際にショップを運用していくうえでは必須となるケースが多いです。数十件以上の商品データをまとめて更新したい、定期的に新商品を追加したいといった場合、1件ずつ手作業で更新するのは時間的なロスも多く、おコピペミスなどが起きるリスクも高くなります。

サポートに関しては、むしろショップ運営に不慣れな人ほど、メールサポートだけでなく電話や画面共有をしながらアドバイスが受けられるほうが安心かもしれません。

決済手数料に注意

上記の月額費用のほか、決済手数料が別途必要である点に注意が必要です。

ネットショップでの支払手段はクレジットカードや代引き・銀行振込・コンビニ払い・キャリア決済などさまざまなものがありますが、クレジットカードの利用割合が圧倒的に高く、クレカ決済への対応は欠かせません。

決済代行会社GMOイプシロンと契約する場合、クレジットカード決済の料金は下記のようになります。

引用:https://www.epsilon.jp/service/credit.html#price

月額最低手数料と決済手数料を比較し、上回ったほうの手数料を支払う形です。なお、VISA/MASTER/DINERS とJCB/AMEXは別々の計算となります。ちなみに手数料お得プランを契約した場合、月額費用5,000円がかかる代わりに月額最低手数料は無料になり、決済手数料が割安になります。

他にかかる費用

月額費用・決済手数料のほか、常時SSLやカラーミーの有料オプションを利用する場合にはその費用も必要です。

常時SSL

常時SSLは、サイト内のすべてのページを暗号化して盗聴・改ざんを防ぐ仕組みです。常時SSLに対応しているサイトはURLがすべてhttps://で始まります。

主要なブラウザではSSLに対応していないページに対して警告を発するため、常時SSLに対応できていないページはお客様に不安を与える可能性が高いです。2021年現在、ネットショップを運営するうえで常時SSLは事実上不可欠といってよいでしょう。

カラーミーの独自SSLの利用料は1,100円となっています。

カラーミーの有料オプション

Instagramショッピング連携、再入荷通知、カラーミーWPオプション(ショップと同一ドメインにWordPressを設置する)などの機能は有料オプションとして提供されています。これらを利用する場合、機能ごとに月額料金がかかります。

カラーミーショップ フリープランvsレギュラープランを比べてみた まとめ

カラーミーショップのフリープランとレギュラープランは、ディスク容量や画像点数・フリーページ数、機能・サポート面で違いがあります。月額費用ゼロ円のフリープランは手軽に始められるという点で魅力的ですが、状況によってレギュラープランに切り替えることも視野に入れる必要がありそうです。また、月額費用以外に決済手数料や常時SSL・有料機能などのコストがかかることも確認しておきましょう。

これからネットショップを開始したい、カラーミーにある程度決めているがこれからどうしていいかわからない、またネットショップ構築や商品登録を含めお願いしたいところを探しているなどがあれば、お気軽にお問い合わせください。カラーミーショップの初期設定~オープン構築~商品登録代行までお任せください。

商品登録代行 お問い合わせはこちら

tel:050-1746-5247

カラーミーショップ

関連記事

商品登録のお見積もり大公開中 商品登録事例 EC関連用語ディクショナリー 特集記事一覧 Eストアー ショップサーブ ビジネスパートナー正規代理店

最近の記事投稿

ページ上部へ戻る