TEL:050-1104-2705。お気軽にお電話ください。

パンフレットから商品登録

カタログ・パンフレットからの新規商品登録とは

カタログやパンフレットなどの紙データからデジタルデータに起こす場合や、これらを整理して、サイトへアップする作業を代行して行います。
特に商品を大量に登録するために問屋やメーカーさんからの情報提供を頂くのが本当のところベストなのですが、中々これが一筋縄ではいきません。
どの業界でもそうですが、パンフレットやカタログデータをはい使ってくださいってお渡し頂く事はめったにありません。特に写真データに関しては、出てくる方が珍しいほどです。
ただ最近では、ネット販売を主眼においた問屋さんがメーカーや輸入もととは別に、独自に撮影や弊社のような業者に商品登録提供のデータを作成依頼いただく場合もありますので、徐々に、ネットショップに優しい環境になっているのかもしれません。

特に多い事例として

・カタログがメーカー毎にバラバラとなっている場合
・カタログとメーカーからもらったエクセルデータ、CSVデータなどが混じりあって整理が付かなくなっている場合
・カタログからデータまでを外部に依頼し、CSV等の整ったデータを成形して、ECモール(楽天やヤフーショッピング・Amazon)へ商品登録代行を行う場合
・自社でカタログから新規商品登録を行ってきたが、パートやバイトでは限界を感じている、また外注にすべて投げて内作・内部作業を取りやめたい場合

常に、カタログやパンフレットの場合に問題となるのが、自社で作っているパンフレットであっても、デジタルデータがほとんど残っていない場合が多く、長年積み上げてパンフレットとなっている場合がほとんどで、そもそもデジタルデータ時代に作っていないなど、根本的な問題となっている部分も多い。その場合、メーカー、問屋にかかわらず、いったんパンフレットからデジタルデータに移し替える必要がありこの問題にぶつかる企業が多いのが現状です。その場合、よいしょで一気に行う場合であっても、相当なコストや時間のロスが見込まれるため、計画的な実施が求められます。
また、問屋さんや店舗様においては、毎月のように新製品が出てくる中、それらのデータはやはりパンフレットベースの場合がいまだに多くこれらを処理する場合でも月次でパンフレットから商品登録代行を行う作業も数多く請け負っております。

カタログ・パンフレット  事例

事例1: 1冊のカタログ 5万品 新規商品登録の場合

1)カタログから商品登録に必要な情報を取得します。
情報取得時ですが、基本的には店舗さんから取得情報の指示を頂いて取得を行いますが、パンフレットが1冊でメーカーさんが同一の場合は、ほぼ同じ表記
で統一化されている為、できるだけ細分化した情報を取得し、データベース化していきます。

2)商品画像も同様に取得を行います、パンフレットの場合はスキャンにて画像取得を行い、取得画像については、1点づつ商品管理番号と紐づけて、リネーム作業を
行いますので、店舗さんにて後々画像データを取りまわす場合でも便利にご利用頂けます。また、メーカーや問屋さんにて画像情報がある場合は、これらを頂きます、その
場合、商品管理番号やJANコードなどで、画像と情報が紐づいていることが前提となります。

3) 1)、2)で取得した商品情報+画像データ を元に、ネットショップ・自社サイト
への商品登録を行います。

カタログ・パンフレット  の商品登録時のオプション・追加作業の事例

★追加作業およびオプション作業 の事例

・固定バナー の追加。
・項目選択肢 の枝番をカラー毎にルールに乗っ取って付番する。
・在庫数を入れる。
・iframe などでおすすめバナーや表示を行うために一括で挿入する。
・あす楽 あすつく などの固有の設定やバナー、オプションなどを追加する。
・カテゴリーや商品データ毎に、指定の情報や決まったルールに基づいて
・meta tag meta key などを入れる。

最近の投稿: 商品登録ドットコム

実施事例 case – 17 楽天市場商品登録代行

実施事例 case – 17 楽天市場商品登録代行店名 シーエルリンク 様 作業内容 元商品データ(エクセルデータ等) → 楽天市場 商品登録代行 4800点商 […]

実施事例 case – 16 Yahoo!ショッピングからアマゾンへの商品登録代行

実施事例 case – 16 Yahoo!ショッピングからアマゾンへの商品登録代行店名 ちょろん堂 様 作業内容 Yahoo!ショッピング → Amazon 商品登録代行 150点商品登録 & […]

ネットショップのSSL化対応はもう行いましたか?

ネットショップのSSL化対応はもう行いましたか?ネットショップの常時SSL化の概要を理解し対応策を練ってみてはいかがでしょうか? Google Chromeに […]
ページ上部へ戻る